女性のための禁煙講座

喫煙によって体に与える影響は様々ですがその症状の一つにガンとの因果関係が指摘されています。その中でも女性特有のガン「子宮ガン」と喫煙の関係が非常に気になります。喫煙女性の子宮ガンでの死亡率は非喫煙者と比べて1.5倍以上という報告がなされています。世界的な視野で見れば喫煙率は全体的に減少傾向にありますが特に20代の女性の喫煙率は年々増えつづけています。全世代の女性の喫煙率と現代の喫煙率を比較すると昭和40年頃にくらべ現代のほうが約4倍の喫煙者がいるといわれています。これは成人女性の4人に1人は喫煙者ということになるそうです。一方成人男性の喫煙率は全体で25%強減少しています。

女性の喫煙で体に与える影響で一番心配なことはやはり妊娠や出産で胎児や子供に与える影響ではないでしょうか?喫煙が直接的に若い世代の女性に与える影響として妊娠しにくくなったり、子宮外妊娠しやすくなるといわれています。また早産や自然流産の割合が高くなります。

妊娠中にタバコを吸っている妊婦さんをみかけたことはないでしょうか?私の周りにも数名います。我慢してストレスをためるより減煙しても吸ったほうが胎児に与える影響はいいはずだ。という自論の元、平気で吸っているひともいますが妊娠中の喫煙は胎児死亡・死産や未熟児出産の確立が高くなります。喫煙することにより血管は収縮されます。よってへその緒や胎盤の血管から胎児へ送られる栄養や酸素が充分な量供給されなくなるのが原因です。
「喫煙しても大丈夫。健康な赤ちゃん生まれたわよ!」という方もいらっしゃると思いますが 目に見える影響だけではなく目に見えない知能や今後赤ちゃんが発達していく過程で遅れが出てくることもあるそうです。

授乳中に喫煙している女性もいるでしょう。母乳には母体の血液中のニコチン量の約3倍のニコチンが含有されます。そのためおっぱいを飲んでいる赤ちゃんがニコチン中毒となるケースもあるそうです。この場合、胎児の体内のニコチンが切れると、夜泣きがひどかったり不機嫌になったりします。

妊婦や授乳中の女性に限らず喫煙は様々な影響を女性に与えます。体内の血管収縮により血行が悪くなり冷え性や肩こりになったり、ビタミンCを体内で消費してしまうためメラニン色素を分解できずシミやそばかすが出やすくなります。ビタミンC不足により肌荒れもひどくなるでしょう。
また、喫煙することにより口臭がひどくなり歯茎にメラニン色素が溜まって色が悪くなります。メラニン色素の沈着は歯槽膿漏歯になりやすくなるばかりかヤニで白い歯は黒くなり笑顔の美しい口元とは縁遠いものとなってしまいます。
吸いながらタバコをやめる方法があるといいですね。

 



2008年3月2日一部稼動始まるタスポカード

宮崎県でタスポカードの稼動が始まった。宮崎県内には約4400台のタバコ自販機がありその95%の機種がすでに変更されているそうです。現金を投入せずに利用できることに関しては好評のようだか相変わらず時間制限があることなどまだ課題もおおいようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080302-00000282-mailo-l45

成人識別たばこ自販機県内で稼動始まる/宮崎

3月2日17時1分配信 毎日新聞

 未成年の喫煙防止策として、県内で1日から「成人識別たばこ自動販売機」の稼働が始まった。この自販機では、日本たばこ協会が20歳以上の愛煙家に発行する「成人識別カード」(タスポ)を使わなければ、たばこを購入できない。全国では7月から稼働するが、宮崎、鹿児島両県は試験地域として先駆けて導入された。
 同協会によると、県内には計4409台のたばこ自販機が設置され、このうち既に95%の機種変更を終えた。タスポは、申込用紙に氏名や生年月日、住所を記入し、顔写真を添えて協会に郵送すると、無料で交付される。有効期限は10年間。
 成人識別自販機でたばこを買うには、現金を投入して商品のボタンを押した後、カード読み取り部の前にタスポをかざす。機械が自動的に識別し、たばこが出てくる。タスポには現金を電子マネーとして最高2万円まで入金でき、現金を投入しなくても購入できる。
 1日に宮崎市内のたばこ店で協会のPR活動があり、購入に訪れた愛煙家に申込用紙を配布した。市内の男性(31)は「未成年の喫煙防止には役立つだろう」と評価しつつ、自販機が毎晩、午後11時〜午前5時に販売停止になることに対し「成人には24時間販売するサービスがあってもいい」と提言していた。【中尾祐児】  

3月2日朝刊

 



タスポカードのトラブル

タスポカードを使う際のトラブルとして考えられるのがタスポカードを認証させようとしてもしない。ということ。こういう場合どうすればいいのだろう?ただ単に読み取らす時間が短いとか、位置がずれていたとかいうのであれば問題ないのですが困るのは読み取ってくれないというとき。読み取らない原因にはいくつか考えられることがあります。

1.定期券入れのケースなどに入れたまま使用する。

2.貴金属やコインのような金属類や、アルミを含むタバコの銀紙などと一緒に使用し電波が妨害された時。

3.カード自体は破損している。

1と2は正常な使い方をすればちゃんと読み取ってくれますが3の場合はカードを交換しなくてはなりません。カードを交換するにはまずは電話します。通常の電話は通話料無料で0120-222-180。携帯からは通話料がかかり0570-012-340.PHSやIP電話からも優良で011-330-3201になります。

タスポカードを紛失してしまった場合、すぐに紛失したことを届け出ましょう。未成年に拾われ使われてしまったら成人認証の意味がないですし、現金をチャージしたのに使われてしまうこともあります。その場合も上記の電話番号へ電話しましょう。

上手に使って便利に生活しましょう。



禁煙のはなし

私のテニスのコーチは72歳です。(笑)

72歳のコーチは去年の秋まで喫煙者でした。もう何十年もタバコを吸いやめる気なんて一切なかったんです。好きなことをして死んでいくならそれでいい。と。(^^;;)

が!

去年の秋にスパっと禁煙。今も尚、吸ってないそうです。
きっかけは病院のお医者さんに言われたこと。だそうです。今まではいくら我慢しても出来なかったのに。と。
禁煙がきっかけで健康に気を使うようになったそうで食事も気にかけているそうです。

要は気の持ちようってことでしょうかね。顔色もよくなり、それまで辛かった腰痛もよくなったそうです。



タスポカードをきっかけに未成年と煙害について考えてみました。

タスポカードは未成年の喫煙を防止するためにできたカードです。
ではなぜ未成年はタバコを吸ってはいけないのか?

発達途中の未成年がタバコを吸うことにより受けるダメージは様々。

中でもよく知られているのは器官(特に肺)の成長を著しく遅らせてしまうこと。肺はどんどん成長し肺活量が増える時期。大切な時期だということをちゃんと理解してほしい。

またDNAを損傷しやすく9〜12歳で喫煙し始めた人は肺がんになる確立が高いという報告もある。若くして喫煙をはじめると心臓病や心臓発作を引き起こしやすく、肺の発達遅れとあわせ体力・運動能力の低下が上げられる。

体だけではなく心の問題も指摘されていて精神科にかかる率も喫煙しない人に比べ高くなっている。喫煙習慣がありるとドラッグやアルコールへの依存への入り口となるケースも高い。

未成年の煙害は心も体も影響が大きい。健やかに育ってほしいと願う親の気持ちと背中合わせです。

話は変わりますが。副流煙の問題もあります。
喫煙者が口から吸うよりも有害な物質を周りの人は吸っているそうです。私はタバコを吸いませんがよく見かける光景で窓も開けない車の中で小さい子供が乗っていてもかまわずに母親が喫煙。信号待ちとかで隣りに止まって見える光景です。なんだか切なくなります。

数年前に子供の幼稚園の交流会がありました。場所はレストランの貸切の一室。さほど広くもないその部屋の中には数名の小さい子供と母親が20数名。一人の子供が「喘息気味です。」って紹介されてるにもかまわず隣でお構いなくタバコをふかす人。

成人すればタバコを吸うのは本人の自由ですが周りのことを気遣って吸うことができることは最低限のマナーですよね。

タスポカードをきっかけに禁煙・減煙してみませんか?



電子マネーピデル

taspoには電子マネー機能ピデルがついています。この機能を使えば小銭いらず。
ジャラジャラと重いお財布とはさようなら。です。チャージや残高照会も自動販売機でできるのでとても便利。

使い方は簡単。

自動販売機で最初に商品ボタンを押す。

認識パネルにカードをタッチすると成人認識と同時にお支払いが行われる。

タバコを取り出す。

以上です。簡単ですよね?
カード申し込み受付は2008年2月より始まっています。
ここは第1地域なので導入時期は2008年5月からですが今日街を歩いていたら
こんなものをあちこちに見つけました。

pi4.jpg

もう自動販売機はほとんどすべて対応機種にかわっていました。
着々と準備が進んでいるんですねぇ。



taspoタスポカードのtaspoって?

taspoって覚えにくいとおもいませんか?私は何度聞いても「タバス?」って勘違いしてしまいます。^^;

その意味を知れば覚えるかもしれない。ということで何の略なのか調べてみたところ、
tobacco access age passportの略でした。
なぜそこを拾うのだろう?というネーミング。^^;
タスポタスポ・・・しばらくたつとやはりタパス?って戻ってるんです。^^;;

タスポカードについている機能で「ピデル」という電子マネーがありますが
こちらのネーミングについても調べてみました。
が、詳しいとはわからず・・・
私なりの解釈では「小銭ではなくピッと電子マネーでタバコが出るよ」って
ことなのかなぁ。と。こっちは日本語かい!と突っ込みたくなるネーミングです。

タスポカードのお申し込みはすみましたか?



taspo(タスポカード)はなぜうまれたのか?

未成年者で喫煙をしている人は、全体の何%くらいいるのでしょうか?
昔と違って今は高校生が制服で堂々とタバコをふかしながら自転車に乗っていたり公園に居たりします。私たち大人は注意すべきことなのですが物騒な昨今。下手に注意なんてしたらどうなることか。こわくてなかなか注意もできません。未成年者にタバコを吸わせないには買わせない事。ということでこのタスポカードが生まれたわけです。自動販売機でタバコを買う際、タスポカードがないと買うことができません。タスポカードは日本国内に住む20歳以上の人にしか発行されず、譲渡が禁止されています。これが未成年の喫煙を食い止めることのできる切り札となるでしょうか?

 



taspoタスポカード受付開始

card.jpg2月1日より未成年の喫煙を防止するべく成人識別カードtaspo(タスポカード)の受付が開始された。

 

受付はタバコ販売店の備え付けの申し込み用紙、あるいは公式HPで受付用紙をDLして顔写真と身分証明書のコピーと共に発送する。発送の代金や手数料、年会費などユーザーの経費は一切かからない。

しかし、最近の健康ブームや禁煙区域の増大でタバコ離れが進んでいる。未成年を有害な煙害から身を守るためにはどれだけの効果があるのか期待する。