taspo(タスポカード)はなぜうまれたのか?

未成年者で喫煙をしている人は、全体の何%くらいいるのでしょうか?
昔と違って今は高校生が制服で堂々とタバコをふかしながら自転車に乗っていたり公園に居たりします。私たち大人は注意すべきことなのですが物騒な昨今。下手に注意なんてしたらどうなることか。こわくてなかなか注意もできません。未成年者にタバコを吸わせないには買わせない事。ということでこのタスポカードが生まれたわけです。自動販売機でタバコを買う際、タスポカードがないと買うことができません。タスポカードは日本国内に住む20歳以上の人にしか発行されず、譲渡が禁止されています。これが未成年の喫煙を食い止めることのできる切り札となるでしょうか?

 




You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.